パニック障害を知る

子供のパニック障害

パニック障害が発生しやすさには、特に男女差による発症のしやすさはなく、特に20~30代が多く発症しやすい年齢であるとされています。しかし、子供にもパニック障害が発症することがあり、最近は徐々に増えているとされています。

子供のパニック障害の原因は特に大人のパニック障害と変わらず、不安を伝える神経伝達物質の分泌異常や、過剰なストレスを受ける事で生じると考えられています。子供の精神的ストレスの要因となるのは、親族を亡くしてしまったり、困難な病気を発症するなどから強いストレスを感じ、パニック障害になりやすいと考えられています。

また、大きな孤立感や寂しさを感じる事でも、パニック障害が引きおこるとされています。子供は、親や家族達から愛されたいと望んでおり、褒められたりすることで、自分を認めて欲しいと感じています。

しかし、家に帰っても親がいつも外出しており、ひとりで過ごしてたり、頑張っても褒めてもらえない、といった強い孤独やショックなどから、子供はパニック障害が生じてしまいます。子供のパニック障害の原因は、大人のパニック障害よりも、家族全体で解決していく事が求められます。子供に対する家族の対応や、家族の在り方を改め、子供のパニック障害を克服する為に、家族が一つになって対処する必要があります。

ただ、10代でパニック障害を発症する場合は、心的ストレス等の要因以外に、遺伝が関係している可能性も考えられます。

スポンサードリンク