パニック障害を知る

パニック障害とセロトニン

パニック障害の引きおこる原因は、はっきりとは解明されていません。しかし、脳内の神経物質が、何らかの関係があるという事はわかっています。

パニック障害に関係があるとされる神経伝達物質は、強い不安や恐怖を感じると分泌されるノルアドレナリンと、このノルアドレナリンを抑えるセロトニンという神経伝達物質が、関与している可能性が濃厚であるとされています。

精神の状態が安定している時は、ノルアドレナリンとセロトニンのバランスが保たれ、互いに作用し合っています。しかし、パニック障害では、二つのバランスが崩れてしまい、引き起こされていると考えられています。パニック障害の人が、治療でセロトニンを増加させると、症状が改善される事は事実です。

この為、薬物治療としてセロトニンを増やすことが一般に行われていますが、この薬には副作用もあります。基本的に、セロトニン濃度は睡眠中は抑えられていますが、薬によってセロトニンが異常に上昇したままになると、興奮して眠る事が出来ず不眠の症状が出てきます。

パニック障害の治療薬に頼らずセロトニンを増やすには、太陽に当たることが最も効果的と言われています。日中に日光を浴びる事で、脳内でセロトニンの分泌が促されるということがわかっています。日中に太陽光を浴びるには、一日のリズムを太陽と共に行う必要があります。その為、規則正しい生活を送る必要があり、夜更かしせずに朝はきちんと目覚める事が大切です。

スポンサードリンク