パニック障害を知る

パニック障害とアルコール

パニック障害の人は、アルコールに依存する確率が高い事が分かっています。パニック障害による不安や恐怖を紛らわす為に、アルコールに依存しやすく、実際一次的にパニック発作を抑える効果もありますが、あくまでも一時的なもので解決とはいえません。

また、酔いが覚めると反動で、飲む前よりも強い不安感が起こります。また、薬物治療で使用している薬は、アルコールと一緒に取り込むと効き目がなくなったり、逆に効き目が強くなり過ぎて悪化すると言う事もあります。

パニック障害の症状は、特に二日酔い状態では多いとされています。そして、パニック障害の合併症として、高い確率でなりやすいのがアルコール依存症です。パニック障害になる以前からアルコール依存症である場合もありますが、パニック障害の恐怖や不安からパニック障害以降に、アルコール依存症へと発展する人が多くいます。

アルコール依存症は、以外にも男性より女性がなりやすく、アルコール依存症になるまでの期間が、男性よりも短いと言われています。アルコール依存症の症状として、アルコールが切れると手足が震えたり、動悸が激しくなるといったパニック障害に似た症状も現れてきます。

パニック障害の不安や恐怖から、逃げたいと感じる事は仕方のない事ですが、いつまでも逃げていてはパニック障害の克服はできませんし、アルコールに逃げてしまっては悪化する一方です。きちんとパニック障害と言う症状と向き合い、少しずつでも克服しようとする姿勢が重要です。

スポンサードリンク