パニック障害に似た病気

鬱病

現在、日本人の5人に1人はうつ病であるとされ、鬱病になると何事にも気力がなくなり、絶望感を常に感じていたり、睡眠障害や食欲停滞等の症状が引き起こされます。

鬱病に関わらず、気分が落ち込んでいる時や、体調が良くない時には食欲不振になりますが、2週間以上も何事に対しても無気力が続いたり、仕事や日常生活に影響が出ている場合は、鬱病の可能性が高いです。

鬱病は現代病と考えている人もいますが、古代から存在する精神病です。ただ、現代の鬱病は症状が軽症化しており、その為に多くの人に頻発しています。症状が軽症であるとしても、症状の悪化によって自殺願望が現れるなど、危険である事は代わりません。鬱病は精神的なストレスや、強い肉体的苦痛によって起こるとされています。

最近では、人間関係や仕事によるストレスが原因で、発症する人が多いとされています。鬱病の発症原因が仕事や人間関係の場合は、しばらく休養して心身を休める必要があります。鬱病の場合も、早期発見が回復を早める事になります。パニック障害と鬱病は、非常に関係があると考えられています。

パニック障害の人は、発作が起きる事に不安を感じているので抑うつ状態である事が多く、パニック障害でも鬱病でも同じ効果の抗鬱剤が使用されています。また、ホルモンの異常に共通点があることが分かっています。そして、パニック障害が家族にいる家系では、鬱病を発症する人が多い事もわかっており、非常に共通点の多い事が分かっています。

スポンサードリンク