パニック障害に似た病気

更年期障害

更年期は、閉経の前後10年位と言われています。一般に、40代後半~50代前半の人を指し、卵巣機能の衰えなどが原因で女性ホルモンの分泌が低下することで、頭痛やのぼせといった症状や、イライラしやすいといった心身現れる症状を更年期障害といいます。

これまで、女性ホルモンが関係している事等から女性特有と考えられていましたが、男性の更年期障害があることが分かっています。

この事から、更年期障害は性ホルモンの低下によって、脳の自立神経が不具合を起こし、心身に不快な症状を引き起こす事が分かっています。女性の場合は、エストロゲンという女性ホルモンで、男性の場合はテストステロンという男性ホルモンが関係しています。

男性の更年期障害が少ないのは、男性ホルモンは少しずつ減少するので、自律神経の乱れがお難いためであるとされています。更年期障害の代表的な症状であるイライラは、理由なく周囲に当たったりして、孤立しやすく自己嫌悪しやすいです。イライラする以外にも、理由なく大きな不安にかられて、落ち着きが無くなったり、食欲不振や睡眠不足等の症状など、症状には個人差があります。

ただ、ホルモンのバランスが乱れることで発症する更年期障害は、パニック障害が起きる前症状であることもあります。更年期障害では、動悸が突然激しくなる事もあり、パニック障害と間違われる事もあります。更年期障害であるか、パニック障害であるかは、血液検査で簡単に調べる事ができます。

スポンサードリンク