パニック障害に似た病気

過換気症候群【過呼吸】

過換気症候群は、10代から20代の女性に多く発症する傾向のある、パニック障害に似た心身症です。過換気症候群は過呼吸ともいい、激しい運動の後や、強いストレスを感じる事で発作が起きやすい病気です。

過呼吸は周囲の空気が薄くなった訳ではないのに、息苦しくなる病気です。その為、過呼吸とパニック障害は、誤診されやすいです。息苦しくなる過呼吸は、突然、あるいは少しずつ息が苦しくなります。

過呼吸の症状は、必要以上に呼吸をする事で生じるので、過呼吸症候群と呼ばれたり、アルカリ性に血液がなることから、呼吸性アルカローシスと言われる事もあります。過呼吸の発作は、人によって症状の現れる頻度が異なり、一度だけ起きた人や、季節等の影響で毎日起こすという場合もあります。

過呼吸の原因は、呼吸中枢が刺激される事で、血液の二酸化炭素が異常に減少してしまう事であるとされています。二酸化炭素が血中で減少すると、代わりに酸素が増加します。過呼吸になっていると、息苦しい為に多くの空気を吸い込もうとし、さらに血中の酸素が増えて二酸化炭素が減少し、過呼吸が悪化します。

また、過呼吸になるとアルカリ性に血液がなるので、脳の血管が委縮し血液が充分届かなくなります。この為、ボーッとしたり、眩暈といった症状が生じます。パニック障害の発作には、過呼吸のように突如息苦しくなったり、 目眩といった症状が現れるので、パニック障害と過呼吸は間違われやすいです。

スポンサードリンク