パニック障害の克服

乗り物

パニック障害の人は、公共の乗り物に乗ることに対して、強い不安や恐怖を感じています。特に、飛行機や電車に乗っているときに、パニック障害の発作が起きるかも知れないと言う事に、非常にストレスを感じています。

パニック障害の症状は、はげしい動悸や息苦しさを感じて、このまま死んでしまうといった感覚になり、めまいを伴う強烈な不安や恐怖によって、パニック発作が起こります。飛行機や電車といった、密閉された空間で大勢の人の前で発作を起こす事に恐怖を感じ、その状況を避ける傾向があります。

しかし、飛行機は乗る機会が少ないとしても、電車に乗れないのは、非常に不便です。パニック障害の発作が起きる事は不安ですが、一度は飛行機や電車に乗ってみる必要があります。乗ってみなくては、パニック障害が起こるかわからず、発作は全く起きないかもしれません。

もし、発作が起きてしまっても、パニック障害による発作はすぐに治まると言う事を理解し、呼吸法等を行って自分を落ちつけてやり過ごしましょう。また、ツボなどを押して、リラックスするように試みる事も有効です。

パニック障害は、不安感を感じているだけと言う事をよく理解し、飛行機や電車が危険に乗る事で発作が起きているのではないと、自覚することが重要です。どうしても不安が抑えられず、発作が起きてします場合は薬を飲む事で抑える事も可能です。不安を解消していく事が、パニック障害では大切です。

スポンサードリンク