パニック障害の克服

ストレス

パニック障害の誘因には、ストレスが大きく関係していると考えられています。人は強いストレスを感じるとパニックになりやすく、パニック障害の人ではストレスを感じる事が、悪化につながる可能性もあります。

ストレスがパニック障害に関係があると言う、直接的な関係は明らかになっていませんが、少なからず影響しているとされています。

ストレスと言っても、精神的な抑圧等の心理的なもの以外に、気温や湿度といった天候などから受けるストレスや、空腹などによって強くストレスを感じる事もあります。また、本人がストレスであると意識していなくても、実は大きなストレスとなって身体に影響している場合もあります。パニック障害に限らず、ストレスは健康にとって良く無いものである事は、周知の事実です。

パニック障害は、強い不安を感じますが、不安を感じるときは少なからずストレスを感じています。一度はパニック障害の症状を抑える事が出来ても、強いストレスにを受ける環境であると、再発しやすい事が分かっています。

ストレスを感じる事は、避ける事は難しいですが、受けたストレスを蓄積せずに解消していく事が求められます。パニック障害の人は、一度パニック発作の起きた場所や、状況に非常に強い恐怖を感じ、同じ状態になって発作が現れる事に、強いストレスを感じます。ただ、避けてばかりでは、パニック障害をいつまでも克服ができず、生活も制限されて余計にストレスが溜まります。一気に解決しようとはせずに、少しずつ慣れていくことでストレスを抑えながら、克服していきましょう。

スポンサードリンク