パニック障害の克服

食事

パニック障害の原因は、はっきりとは分かっていませんが脳内の神経伝達物質が異常を起こしている事が原因とされています。脳内の神経伝達物質は、食事等で摂取した栄養を材料にして生産されています。

この為、脳内の神経伝達物質の材料となる栄養素を積極的に増やして、セロトニンなどの増やすと言う克服方法もあります。

食事は生活の基本となり、規則正しい生活を送る事は重要ですが、医学的な根拠は実はありません。ただ、食事と一緒に継続した運動を行ったり、規則正しく生活する事で、パニック障害の症状を克服する助けにはなります。ジャンクフードやインスタント食品は、糖分を摂りすぎたり栄養が偏っているので、パニック障害の誘因とも言われています。特に、低血糖は、パニック障害の症状を起こしやすいとされています。

栄養バランスの取れた食事は重要ですが、食事だけでなく規則正しい生活を送る事が重要です。パニック障害は、睡眠不足や二日酔いの症状がある時に起こりやすいとされ、風邪などで体力が低下している時にもパニック障害を起こしやすいとされています。

パニック障害を改善する食事としては、セロトニンを作る材料となる、トリプトファンを含む食事がいいと考えられます。セロトニンはトリプトファンがあれば生産されますが、トリプトファンは体内で生産される事がないので、食事で体内に摂取する必要があります。 トリプトファンを含む食品では、肉や乳製品、卵などがあります。ただ、トリプトファンだけ摂取しても意味がないので、バランスの良く食べるようにしましょう。

スポンサードリンク