パニック障害の克服

運動

パニック障害の症状の改善に有効であるとして、食事や規則正しい生活が有効とされていますが、継続した適度な運動も重要であるとされています。適度な運動は、パニック障害に限らず健康の基本です。

また、運動は身体を動かす事で、精神面にも非常に良い影響を与える事が分かっています。パニック障害の改善で行う運動は、なんでもよいので、ウォーキングなどの軽い運動を行ったり、サークルや教室に本格的に鍛えるのもいいでしょう。特に、普段あまり運動をしてこなった人は、ウォーキングやジョギングといった運動負荷のすくない、一定のリズムで継続して行える運動がいいとされています。

パニック障害の場合、一定リズムのある運動をすると、脳内の神経伝達物質のセロトニンの働きが活性されやすく、また分泌量が促されるようになります。

パニック障害は、セロトニンの分泌量が異常を起こす事等が誘因であると考えられており、セロトニンの分泌を促す、リズムのある運動は、症状の改善に非常に効果的とされています。ただ、特にウォーキングに拘らずに、筋肉トレー二ングといった、室内で行える運動を継続して行っている事で、パニック障害の症状を克服したと言う人もいます。

パニック障害は、自立神経の乱れなども関係すると考えられ、基礎代謝を上げてせいじょうな働きを促す事が効果があるのかも知れません。重要な事は、家にじっと引きこもったりせずに、継続した程度な運動を行う事です。これによって、脳内のセロトニン等の神経伝達物質が安定し、脳内で抗不安作用が正常に行われて、パニック障害が改善すると考えられます。

スポンサードリンク