パニック障害の基礎知識

パニック障害の症状

パニック障害によって、パニックを起こした時の症状には、呼吸困難や激しい動悸、まためまいやしびれ、発汗や冷や汗といった症状が起こります。また、精神的には感情のコントロールを失うほどの恐怖感や不安感が現れるとされています。

パニック障害の症状は、動悸や息苦しさがあるので、心臓疾患と勘違いする人もいるとされています。しかし、パニック障害は身体的な原因んではなく、脳の神経物質などが関係して症状が現れているので、身体的には何の問題もみつかりません。

パニック障害の症状は、発作が生じてから30分程度で治まることが多く、長時間に渡り症状に苦しむという事はありません。身体的な問題がなく、短時間で症状が治まるので、病院につくとパニック障害の症状が治まっていることが多く、非常に苦しい思いをしたのに異常が認められないとされてしまいます。

パニック障害の症状には、突如激しい不安に襲われるパニック発作と、おなじ症状がまた現れるのではないかという予期不安、また大勢の前でパニック障害が起きるのではないかと恐怖を感じる広場恐怖という症状が代表的です。

パニック発作が起きると、しめつけられるような息苦しさや、激しい動悸といった、心臓を中心とする症状が起こります。しかし、実際に心臓に問題があるのではなく、症状が治まっていると検査しても異常は見られません。予期不安は、自分が重い病気にかかっているのではないかという不安や、発作が起きて人に迷惑をかけるのではないか、といった不安によって動悸が激しくなるといった症状や、異常な発汗などの症状が現れます。

スポンサードリンク