パニック障害の治療

薬物療法

パニック障害の治療では、パニック発作を抑えるために、まずは薬物による症状のコントロールを行い、最終的に薬物に頼らない状態にするようにしていきます。

パニック障害の治療では、パニック発作を完全に消失させることが重要になるので、まずは薬でパニック発作を抑え込み、薬による効果や副作用から少しずつ調節を行い、パニック発作以外の予期不安や広場恐怖の治療を並行しておこなっていきます。

パニック障害の治療で、主に使用される薬は、神経伝達物質のセロトニンやアドレナリンの働きを正常にする、抗鬱剤といった鬱病で使用する薬が、パニック障害にも効果があるとされています。

一般に、パニック障害ではSSRIという抗鬱剤が使用されます。SSRIは、急激な不安を感じる発作に対して効果を示しますが、即効性がなく2週間ほど効果が現れるまでにかかります。パニック障害は、持続的に生じる障害なので、症状が改善したとしても、一年程度は継続した服用が必要になります。もしも、医者の許可なしに服用をやめると離脱症状となって、症状を悪化させる事もあります。

SSRIの他に、三環系抗うつ薬という、昔から使用されている抗鬱剤が使用される場合もあります。また、不安を抑える薬も使用されます。抗不安剤は、強い不安や緊張を感じている時に、不安を和らげる効果があります。安全性は高いですが、副作用として眠気が強く起こります。この為、不安による不眠症の症状にも効果があり、睡眠薬の働きもあります。

スポンサードリンク

中村式水虫治療法