パニック障害の治療

曝露療法

曝露療法は認知療法に似ていますが、不安や恐怖を感じる場所や状況を、あえて行う事で恐怖や不安を克服し、パニック障害の症状を起こさないようにする治療方法です。

曝露療法は、わざと不安や恐怖を感じる体験を行うことで、実際はなんでもないと言う事を確認し、その恐怖を克服したという自信をつけて行きながら、不安を感じる状況を減らしていきます。曝露療法では、不安や恐怖を感じる時間が長いほど、治療の効果が大きいとされています。

しかし、荒治療である事は確かなので、失敗すると自信がなくなって症状が悪化し、パニック障害の克服がその後難しくなります。この為、医師の協力等が無い状況で、一人で行ったりする事は危険なので、やめましょう。

曝露療法は医師が、パニック障害の人が何に不安や恐怖に感じ、恐怖に遭遇した際に何を感じるか、どのような行動をするかを理解しながら、少しずつ恐怖や不安を取り除き、パニック障害を克服していきます。曝露療法は、よく電車やバスといった公共の乗り物などで行われ、我慢できる限界まで電車やバスに乗車を繰り返し行って、不安や恐怖に慣れていきます。

曝露療法には、非常に多くの精神力や体力を必要とするので、体調の良い日を選んで行うようにし、家族等に付き添って貰いながら行っていきましょう。初めは、少し不安を感じるといった状況から行い、徐々に大きな恐怖を感じる状況にも慣れて行くようにします。このような恐怖に打ち勝っていくことで、身体も反応しなくなりパニック発作が起こらなくなってきます。

スポンサードリンク

人に好かれる会話術