パニック障害の治療

認知療法

パニック障害における認知療法では、パニック発作を起こした状況を、繰り替えして経験し不安になってしまう事がないように、認知させる治療方法です。パニック障害の人は、再び発作が起こる事に非常に不安を感じています。

その為、一度パニック障害が起きた状況を避ける傾向があり、発作がおきると実際は欠陥は無いにも関わらず、そのまま自分が死ぬかもしれないといった恐怖を感じています。パニック障害の発作が起こる状況を不安に感じる事は当然ですが、そのまま死ぬ事はないので、恐怖が誇大している状況にあります。

このような非常にマイナスな志向を改善し、同じ状況であっても、パニックを起こさずに慣れるようにすることが、認知療法の狙いです。

人は状況を感覚的に記憶して、反射的に身体が反応するといった事があります。認知療法では、そのような反応が間違っていることを認知し、マイナスな感情や行動をしないようにしていきます。パニック障害が生じる原因は、自分が勝手に悪い状況であると認知している部分もあるので、認知療法によって状況を正しく認識し、些細な事に過剰に不安を感じたりする事のないようにする事で、心身共にストレスが減少し、パニック障害の改善に効果があります。

パニック障害の症状は、本当に苦しく死んでしまうと言う感覚になる事は仕方ありませんが、パニック障害で死ぬと言う事はありません。この事を理解し、不安に負けないように、状況を正しく認識していきましょう。

スポンサードリンク

アフィリエイト 初心者 副業