パニック障害の治療

漢方

パニック障害は、漢方においては奔豚気病といい、漢方薬による症状の緩和も注目されています。漢方では体内に流れる気、血、そして水の流れが重要であると考えており、これらの流れが停滞することが、身体の不調の主な原因とされています。

パニック障害に用いられる漢方は、それぞれ個人の状態に合わせて処方されるので、パニック障害の症状に効く漢方であるからといって、自分の症状にも有効であるとは限りません。ただ、漢方の加味帰脾湯や香蘇散などは、不眠の改善や、動悸や息切れを予防し、不安感を解消するとして、良く処方されます。

また、顔がほてったりのぼせている時や、自律神経が乱れている時に有効であるとされる漢方には、半夏厚朴湯や柴胡清肝湯などがあります。

漢方では、パニック障害のような突然の不安に襲われたり、心拍数があがるといった症状は、胆と心に問題がある状態と考えられます。漢方は病院によっては保険適用が可能な場合もあり、医師に相談して自分に合った漢方を処方して貰いましょう。

漢方薬は、その人にあった症状で処方されるので、不安や動悸の症状が大きい場合は柴胡加竜骨牡蛎湯、めまいや吐き気、また食欲不振の症状が強い場合は半夏厚朴湯、神経過敏の場合は酸棗仁湯等の漢方が一般に有効とされていますが、他にも多くの漢方薬があります。漢方は生薬なので効果が現れるまでに時間がかかりますが、副作用がほとんどないことから、安心して継続して服用する事が出来るとされて、利用されています。

スポンサードリンク

副業